工業用フィルム選定なびとは?

工業用フィルム選定なびとは、工業用フィルムのメーカーである大三紙業が手掛けるフィルムに関わる
全てのエンジニアの皆様にお届ける専門情報サイトです。

FEATURE

工業用フィルム選定なびが
選ばれる5つの理由

  • 理由 01

    多様な加工技術を活かした、特殊フィルムラインナップ

    工業用フィルム選定なびを運営する大三紙業では、コーティング技術・加工技術を用いて特殊フィルムの製造・提案を得意としています。なぜ、特殊な加工が求められるのか?というと、工業用品の高機能化に伴い、フィルムに対する様々な機能付加が求められているという背景があります。その為、当社には「フィルムにこのような機能を付けることができないか?」という相談を多数いただいてきました。その結果、様々な機能付加を実現してきており、特殊フィルムに必要となる幅広い加工技術を保有しています。

    主な加工技術は以下となります。お困りの加工技術がありましたら、お問い合わせください。

    コーティング技術
    • 易接着コーティング
    • 帯電防止コーティング
    • シリコーンコーティング
    • ヒートシールコーティング
    • 耐油コーティング
    • マットコーティング
    • 水性コーティング
    • 剥離処理(離型処理)
    加工・印刷技術
    • 薄膜加工
    • 遮光印刷
    • クリーン加工
    • バイオマス印刷
    • 無溶剤型ラミネート
  • 理由 02

    多機能なフィルムを顧客ニーズに合わせて最適解をご提案

    当社ではこれまで多岐にわたる、機能性付加を施したフィルムを多数手がけてきました。
    絶縁性・意匠性・易接着性・遮光性・改ざん防止・離型性・帯電防止性
    といった機能を付加した実績があり、お客様が検討されている用途に合わせて、これら実績を基に最適なご提案をいたします。当社営業担当者・技術担当者に対してお客様の用途・機能に関するお困り事を相談いただけましたら、最適解をご提案いたします!

  • 理由 03

    フィルムの素材選定から、加工まで一括管理し、機能性を保証

    工業用フィルムなびでは、これまで主にテープメーカー様を経由してエンドユーザーである様々な業界にフィルムの納品を行ってきました。工業系のフィルムの中で、特徴の一つとして挙げられるのが、半導体・プリント基板といった電子部品に組み込まれる製品として使用されている点です。(いわゆる中間材)

    これらの用途というのは、消耗品でないことからフィルムに対する仕様はもちろん、トレーサビリティの管理にも要望を数多くいただきます。
    当社ではフィルム素材の選定から加工までを一貫して管理しており、協力企業様の工程もしっかりと把握することで品質保証を実現しています。
    お客様の製品スペック・品質を左右してしまう高機能かつ安心のフィルム提供には自信がございます。お困りの案件は当社にお問い合わせください。

  • 理由 04

    エレクトロニクス分野への深い知見を活かした、
    基材提案・極薄フィルム提案

    当社では、電子機器部材として使用されるフィルム製品の製造・提案を行っています。
    電子機器はご存じの通り、小型化が進んでおり、部材一つひとつにも薄肉化・微細化が求められています。
    当社でもユーザーの皆様より多数のご依頼・ご相談を頂いており、2μ~7μmの記載への薄肉加工や、耐アルコール性・絶縁性を機能付加した素材開発も手掛けています。
    耐熱性など、細かなご要望にもお応えいたしますので、お声がけください!

  • 理由 05

    SDGsに対応した、環境対応フィルムをご提案!
    共同開発パートナー

    当社では2030年を見据え、環境に配慮したフィルム製品の提案・導入を進めています。
    当社ではサステナブル加工という、環境に配慮したフィルム製造方法をご提案しています。
    サステナブル加工とは、素材・原料に
    ・自然環境から生み出された材料
    ・既に使用された素材をリサイクルして再利用
    を用いながら、各加工プロセスにおいてもCO2の排出量を抑える工法となっています。
    上記取り組みを通じて、お客様へ環境負荷軽減に向けてのトータル提案を行うことが可能です。

お問合せ・ご相談
サンプル申し込みはこちら

簡単1分 メルマガ会員
募集中
登録はこちら