FAQ

剥離フィルムの加工・製造は可能でしょうか?

はい、可能です。工業用フィルム選定なびでは、剥離フィルムの製造実績を多数もち、様々な用途で用いられています。

そもそも、剥離フィルムとは、粘着製品の粘着処理面を保護するために用いられ、さらに製品自体の品質・性能を担保するために用いられます。

剥離フィルムがどのようにできているかというと、基材であるフィルムの表面に剥離剤をコーティングしています。
また剥離処理の種類としては、

シリコーン系の剥離処理

長年培ったシリコーン塗工技術を生かし、剥離紙・剥離フィルムの着色、部分剥離、剥離力のコントロールなど、お客様のご希望の仕様、用途に応じた開発、生産を行っております。

非シリコン系の 剥離処理

シリコーン素材は製品によっては品質・性能に影響を与えることがあり、非シリコーン系の剥離処理が使用されます。
昨今、非シリコーン系の剥離処理のニーズは広がりを見せており、非シリコーン 系剥離剤のニーズに幅広くお応えします。

剥離フィルムに関する仕様

《熱硬化方式》
基材:PET、PPなど
最大塗工幅:1,240mm
《UV硬化方式》
基材:PET、PP、PEなど
最大塗工幅:1,240mm

一般タイプ

パターン塗エタイプ

印刷付きタイプ

用途に合わせたオーダーメイドコーティング

印刷付タイプ

高隠蔽度ラベルプリンターテープ

離型面の反対面に印刷し、はがし忘れ防止や張り合わせ位置合わせ等、視認性が向上します。

パターン塗工タイプ

剥離させる部分を指定できます。
また、水玉や亀甲柄等、いろいろなパターン塗工も可能です。

無溶剤、非シリコーンタイプ

環境に配慮した無溶剤タイプ、シリコーンを嫌う部材への離型効果付与等、
様々な離型剤を取り扱っています。

代表物性値

上記データは、弊社実験条件の一例であり、本製品の性能がこのデータに合致することを保証するものではありません。
各種性能については、印刷条件、加工条件、基材等により異なる可能性がありますので、実際の構成での事前確認をお願いします。

お問合せ・ご相談
サンプル申し込みはこちら

簡単1分 メルマガ会員
募集中
登録はこちら